ダブルTAKAKO乳がん!(元姉妹デュオ)経歴や現在の活動は?

こんにちは!

皆さんは、歌手でもと姉妹デュオだった、ダブル(DOUBLE)のTAKAKOさんはご存知ですか?

彼女は、ブログで乳がんだということを公表されましたね。

今回は彼女の経歴や現在の活動について調べてみたいと思います。

TAKAKOのプロフィール

出典:http://musiclook.blog112.fc2.com/blog-entry-295.html

名前:TAKAKO(タカコ)   本名:平沢貴子

生年月日:1975年3月14日

出身地:新潟県新潟市

TAKAKOさんは、現在43歳になります。

なんと本日3月14日が誕生日。

そんなおめでたい時にみなさんにご報告する事があります。
私、昨年末に乳がんが発覚し、間もなく手術を迎える事になっています。(突然で驚かせてしまったらごめんなさいね)

今の心境は?と言うと正直余り実感がありません、今のところピンピンしていますからね。
手術に対しては、実は2年前に耳下腺腫瘍という左耳の下の小さな良性の腫瘍を摘出する手術を経験し、この時に散々悩んだおかげで今回は何のためらいも心配もなく手術に臨めます。

引用:https://ameblo.jp/double-blog/

彼女のブログより抜粋。

耳の病気にもかかっていたようですが、

誕生日に、自身の乳がんを公表されました。

私が10代だった頃、当時は姉妹デュオでdoubleとして活動してました。

その頃彼女たちの、Shakeという歌がとても流行って、

曲も踊りもPVも、どれも最高にクールで、なんてかっこいい女性なんだろうというのが最初の印象でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/Shake-DOUBLE/dp/B00005G5FX

ところが、売れ始めた頃、間も無くして、姉であるSACHIKOが急逝したのです。

彼女を知っている人にとっては、私含めとても灌漑深いニュースになったのではないでしょうか。

少し、昔を振り返ってみたいと思います。

姉SACHIKOのプロフィールも載せておきますね。

名前:SACHIKO   本名:平沢幸子

生年月日:1973年11月21日

出身地:新潟県新潟市

元姉妹デュオ

1998年デビュー。

1999年、Shakeという曲がきっかけでブレイクし、さぁ今から!という時に、姉のSACHIKOが25歳という若さで、クモ膜下出血により急死。

ショックでしたね。

私、アルバムもプロモーションビデオも持ってて大ファンだったので。

出典:https://middle-edge.jp/articles/iC28i

左⇨TAKAKO      右⇨SACHIKO

(そっくりで、最初、双子かと思ってました。)

歌も踊りも、当時R&Bという言葉は普及してなかったので、衝撃的でしたね!

その後、TAKAKOさんは、休養に入らざるを得ない状況に。

それから1年後、姉の意思を継ぎたい、という思いで、ソロ活動を開始。

ユニット名はあくまでもdouble。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=F2zinMhNOlo

そこから、作詞(元は姉が行なっていた)・作曲・ミュージックビデオやジャケット作成・編集も行うようになる。

そこからの経歴〜現在

一人になってからも、他有名アーティストとのコラボや、おしゃれでクールなミュージックビデオで度々話題になる。

出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000039707

出典:https://www.amazon.co.jp/おやすみのキスを-Good-Night-My-Love-DOUBLE/dp/B002MHA5N6

2009年から約1年間、急性胃炎が悪化し活動を休止するも、復帰してZeebraのシングルにゲスト参加する。

出典:https://www.fuze.dj/2017/11/zeebra-interview.html

(写真はZeebra)

ハイチ地震プロジェクトや、歌詞提供でも積極的に活動。

たくさんのアーティストにも信頼され、愛されているTAKAKOさん。

そして、本日の公表へと至った。

出典:http://www.暇人見聞録.com/2018/03/14/post-2953/

きっと、無事に手術は成功し、また歌声を聴ける日がくると思います。

まとめ

  1. TAKAKOのプロフィール
  2. 元姉妹デュオ
  3. そこからの経歴〜現在

ダブルは、個人的にも思い入れのあるアーティストなのですが、まさか乳がん・・・ということでびっくりしています。

やはり年齢的なものもあるでしょうし、苦労も多かったのかなとも感じます。

様々な要因があるのでしょうけど、

彼女の歌声、ビジュアル、精神力など、どれも大好きだったので、

手術の無事をお祈りします。

ご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする